• ホーム
  • アジーを使うことで、稀に副作用があるので十分に注意して下さい

アジーを使うことで、稀に副作用があるので十分に注意して下さい

2020年04月02日
黄色の錠剤と瓶

クラミジアなどの細菌性の病気に高い治療効果を発揮してくれるアジーですが、これを服用するときには副作用が起こってしまう可能性に注意しておかなければなりません。アジーに限った話ではありませんが、治療薬を服用するときには必ず副作用が起こる可能性があるので、何か医薬品を服用するのであれば絶対にリスクについても確認しなければならないでしょう。副作用の確認を怠ると、思いもよらない症状が突然あらわれて困惑したり、適切に対処することが出来なかったりする可能性があります。冷静に正しい行動を起こすことが出来るようにするためにも、アジーに副作用があることを理解しておきましょう。

アジーの副作用は下痢をはじめとした消化器系の症状であり、特にもともと胃腸などの消化器官が弱い人はお腹を壊してしまうことが多いです。病院でアジーのようなアジスロマイシンを含んでいる薬が処方されるときには整腸剤が一緒に処方されることも多いので、持っていないのであれば整腸剤を用意しておくことがおすすめだと言えます。この症状はアジスロマイシンの成分によって引き起こされるので、薬効がなくなると共に症状は緩和していくので心配ありません。しかし、重い症状を引き起こしていると感じるのであれば、そのままにしておかずに医療機関を受診するようにして下さい。

他の内服薬と比較しても、アジーの副作用は軽度ですし、発症頻度も少ないと言うことが出来ますが、ごく稀に重い症状が起こったことが報告されているので、いざというときのためにどのような症状が起こる可能性があるのか知っておきましょう。限りなく0%に近い発症率だと言われていますが、アナフィラキシーショックや急性腎不全、血液中の免疫細胞や血小板の急激な減少が起こることもあるようです。ほとんど発症の心配はないと言われていますが、治療薬を服用するのであればこのようなリスクも知っておくことが大切だと言えます。

アジーを飲むことで副作用が起こったとしても、基本的には下痢や腹痛などの軽い症状なので、整腸剤を飲んで様子を見ることで対処出来るはずです。けれども、重い症状を引き起こしていると感じるのであれば、早急に医療機関を受診して医師から指示を受けるようにして下さい。アジーはクラミジアなどにとても効果的な薬ですが、服用を開始する前にはこういったリスクについてもきちんと理解を深めるようにしておくことが大切だと言えます。