• ホーム
  • 不特定多数との性交や患部を不潔にすることが、クラミジアの原因と言われています

不特定多数との性交や患部を不潔にすることが、クラミジアの原因と言われています

2020年04月06日
ウィルス

クラミジアに感染する原因について詳しく理解していない人は多いですが、この病気は日本国内で最も感染者数が多い性病なので、クラミジアの感染原因を詳しく知っておくことは大切です。これは性行為で感染することが多い病気ですが、性行為をしたからといって必ずしも感染が起こるわけではありません。どういったときに感染が起こりやすいのかを知り、発症を防ぐことが出来るようにしておきましょう。

基本的にはコンドームを使わずに行ったセックスやオーラルセックス、アナルセックスが原因でクラミジアを発症するので、性行為を行うときにはコンドームをしっかりと装着することが大切だと言えます。しかしながら、これはあくまでも基本的なことであり、これ以外にも気を付けるべきことがあると知っておかなければなりません。不特定多数の人と性行為を行うことや性器を不潔にしておくことがクラミジアの原因に繋がるので、これらも注意しておかなければならないでしょう。

特定のパートナー以外と性行為を繰り返す人は少なくありませんが、不特定多数の人と関係を持つと、その中にクラミジアに感染している人がいて病気をうつされてしまうというリスクが上がります。不特定多数の人と性的な関係を持つ人は、妊娠しないようにピルを服用していることや同性同士の性行為という理由でコンドームを使用しない人が多いので、感染率が高まってしまうでしょう。相手に性病を持っていないか確認しても相手に自覚症状がなかったり嘘を吐かれたりすれば、性行為をしてしまうことで感染が起こるので注意が必要です。

性器を不潔にしておくこともクラミジアに感染しやすくなる理由の1つであり、性器が清潔でないと病気の原因である細菌が居心地の良い場所だと思ってしまう可能性があります。細菌にとって居心地の悪い清潔な性器であれば感染が起こりにくいですが、反対に居心地の良い不潔な性器であれば感染が起こりやすいので、いつもきれいにしておくことを心がけておきましょう。毎日きちんとお風呂に入ることや、大量に汗をかいたときは清潔な下着に取り換えるなどを実行すれば、性器周辺を清潔に保つことが出来ます。

コンドームを使用しない性交がクラミジアの直接的な原因ですが、不特定多数の人と関係を持ったり性器を不潔にしたりすることも発症しやすさの理由になるので注意して下さい。パートナー以外とは性行為を行わないようにしたり、いつも性器周辺を清潔に保ったりすることが感染しにくさに繋がるでしょう。